LondonShop LondonShopでは現役保育士が作る季節の壁面飾りや、製作キットを販売しております。クリスマスやハロウィン、お正月や節分、こどもの日や七夕など、一年を通して行われる様々な行事や、季節に応じた壁面飾りは、日々お忙しい幼稚園教諭の方や保育士さん、介護士さんや看護師さんにおすすめしたい、皆様に喜ばれる商品です。 LondonShop

子どものお菓子は添加物が沢山?!

食品表示をよく見て子どもの体を守ろう!

お菓子に含まれる添加物

こんにちは、londonshop です。今回は、食品添加物についてのお話をしたいと思います。

 

特に子どもも大好きな「お菓子」についてですが、実は人気のあるものよく食べているものには様々な添加物が入っています。体には悪いんだろうなぁ…と思っていても、いざ喜ぶ子どもの姿をみたら、買ってあげたくなるのが親の気持ちですよね。

 

実は私も、今までに沢山のお菓子を子どもに買い与えていました。そのほとんどが、裏に記載してある食品表示を見ずに買っていました。ですが先日、食育インストラクターの資格を取る際に勉強したことをきっかけに、思った以上に添加物は私たちの身近にあり、毎日摂取しているものなのだということが分かりました。今回勉強して得た知識を、少しでも子どものいるご家庭にお伝えできればと思っています。

 

食品添加物とは?

まず食品添加物とは、食品の製造過程において、もしくは食品の加工・保存の目的で使われるものです。

調味料保存料着色料などがあり、化学合成品から動植物などの天然物由来のものまで様々あります。

 

お菓子にはどんな添加物が入っているの?

お菓子に含まれる添加物

では気になる、お菓子に含まれている添加物ですが、代表として以下の6つを挙げたいと思います。

 

保存料…カビや細菌等の発育を抑制し、食品の保存性をよくし、食中毒を予防するもの。

例)ソルビン酸、プロタミン

 

着色料…食品を着色し、色調を調整するもの。

例)カラメル色素、※タール系色素、クチナシ黄色素、アナトー色素

 

甘味料…食品に甘みを与えるもの。

例)アスパムテーム、キシリトール

 

香料…食品に香りをつけ、美味しさを増すもの。

例)オレンジ香料、バニリン

 

膨張剤…ケーキなどをふっくらさせ、ソフトにするもの。

例)炭酸水素ナトリウム、焼ミョウバン

 

乳化剤…水と油を均一に混ぜ合わせるもの。

例)グリセリン脂肪酸エステル、レシチン

 

お菓子に含まれる添加物

特に気を付けてほしいのが、着色料です。見た目が鮮やかで可愛らしいお菓子ほど多くの着色料が使用されています。特に、タール系色素(赤色〇〇号黄色〇〇号など)のように、色の後に番号がついているものは、合成着色料で、中には海外で使用禁止されているものもあるので注意してください。

 

このタール系色素は、発がん妊娠率の低下胎児に奇形を生じる危険性が疑われています。特に避けたい添加物の1つですので、頭の片隅に覚えておいてもらえたらと思います。

 

食品表示の見方

食品表示とは、その食品の様々な情報を消費者に知らせるためのものです。「食品表示法」により、消費者に販売されるすべての食品に食品表示が義務付けられています。

 

食品表示の見方ですが、はじめに原材料名が書かれています。その次に大体のものは/(スラッシュ)の次から添加物が書かれています。もしくは、改行で区分して表示されます。

 

なので購入する際は、スラッシュ以降の表示をしっかり見てから判断してみてください。スラッシュ以降の表示が多ければ多いほど、そのお菓子には添加物がたくさん入っているということです。できるだけ低添加のもの、もしくはスラッシュのない無添加のものを選びたいですよね。

 

添加物の少ないおススメお菓子

子どもが大好きなキャラクターのパッケージ菓子など、つい見た目重視でお菓子を選んでしまいがちですが、無添加のお菓子だと素材本来の味を楽しめます。優しい味で子どものおやつにもぴったりです。

 

では、私が実際に子どもに買っているお菓子で、皆さんにおススメしたいものを少しご紹介したいと思います。

 

芋けんぴ

こちらは無添加で食べ応えのあるお菓子です。小さい子どもにはまだ堅いですが、ある程度大きくなってきたら、あご丈夫にすることもできるのでおススメです。

 

きなこねじり

 

少し渋いですが、意外にも我が家の子ども達に人気なお菓子の一つです。きなこが好きな子でしたらすぐハマると思いますよ。こちらも無添加なので安心して食べさせることができます。

 

レーズン

原材料名は「干しぶどう」のみなので、無添加です。中には、コーティングオイル等を使っているものもあるようなので、原材料名を確認してから購入してください。我が家では、ヨーグルトに入れたりナッツと一緒に食べたりしています。

 

甘栗

写真のものはどちらも100円ショップ(DAISO)で購入できるものです。無添加であり、手軽に購入できるのでおススメです。

 

焼き芋、干し芋

こちらも100円ショップで購入できます。無添加で、国内産さつまいもを使用しているのも嬉しい点ですよね。食物繊維もしっかり摂れるのでとてもおススメです。焼き芋だけでなく、干し芋も食べやすくていいですよ。

 

ミレービスケット

こちらは通常のお菓子よりも低添加なので、比較的安心して食べさせられます。大人も食べ始めると止まらない美味しさです。少し硬めのビスケットですが、塩加減が絶妙です。

 

アンパンマンおやさいせんべい

こちらも100円ショップで購入できる無添加お菓子です。小さい年齢から食べさせられ、しかも万人受けのアンパンマンパッケージなので、子どもも喜ぶこと間違いなしです。

 

きびだんご

駄菓子コーナーでよく見かけるきびだんご。実は低添加のお菓子なので、こちらもおススメです。和菓子は基本的に洋菓子よりも低添加のものが多いので、お菓子を選ぶ際の一つの基準にしてみてくださいね。

 

ミックスキャロットジュース

COOPで買えるミックスキャロットは、無添加で子どもにも飲みやすいジュースです。缶タイプやパックタイプがあります。我が家の野菜嫌いな子どもでも進んで飲める美味しさです。

 

こだわり極プリン

私の一押しでもあるこちらのプリン、嬉しいことに「香料・着色料・保存料不使用」、つまり無添加プリンなのです。無添加にも関わらず、味はとても美味しいです。一個¥100ちょっとで購入できます。某メーカーだと3連でお安く購入できますが、添加物の量を見れば断然こちらの方が体に優しいです。

 

まとめ

いかがでしたか?身の回りにある美味しいお菓子には、実は沢山の添加物が入っています。子どもの傍にいる親が、添加物についての知識をしっかり身につけ、子どもの体を守ってあげてくださいね。また、お菓子を購入する際は、食品表示をよく見て、自分の目で見極めてから購入しましょう。

壁面飾り・製作キットの販売店|LondonShop

LondonShop LondonShop

LondonShopでは元保育士&幼稚園教諭が作る季節の壁面飾りや、製作キットを販売しております。クリスマスやハロウィン、お正月や節分、こどもの日や七夕など、一年を通して行われる様々な行事や、季節に応じた壁面飾りは、日々お忙しい幼稚園教諭の方や保育士さん、介護士さんや看護師さんにおすすめしたい、皆様に喜ばれる商品です。

屋号 LondonShop
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
代表者名 尾形 三智子
E-mail info@londonshop-original.com

コメントは受け付けていません。

特集